Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://purrrr.blog17.fc2.com/tb.php/58-1eed3b27
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

58)“斜陽日記”

「ぁ!」「きさ様」

これは太田静子さまの『斜陽日記』を読んで一年後の.あぶくの中の残留イメージなの

想いだしたように「ぁ!」とちいさくお声をお上げになる「きさ様」のお人柄を偲ばれるように.

母親を「きさ様」とお呼びになる静子さまのお人柄が窺えるようなそんな『斜陽日記』なの

そしてこのイメージをステップとして..いくつかの記憶が次第に.あぶくに蘇えってくるのだわ

蛇の卵事件も.ボヤ騒ぎ事件も.それからそれから母娘で「きさ様」のお兄さまを訪ねた時も..

「きさ様」は.ご病気なのにお住まいの周りの草をひとりで刈り取ってしまわれたけれど..

その「きさ様」のお姿は静子さまを後ろから強くつよくお励ましになってらしたのかも知れない…

そんな何もかもが「きさ様」のお命を縮めていた事実に気づいて..静子さまは苦しまれたのだわ

事件の渦中にあっては不安におののくばかりで「きさ様」のお手にすがるしか知らなかった…

そうしてそれは当時の静子さまとしては.もう他にどうしようもない..乳児のような御自分なの

静子さまはそんな御自分と「きさ様」の関係を「母を喰い殺す子」と表現なすったように思える

母「きさ様」が静子さまのために命を長らえてくださったと感じられるなら…

そして静子さまのために生きてくださり..役目を終えてお亡くなりになったと感じられるなら…

あの母蛇の深い悲しみは..静子さまを思う「きさ様」の深いふかい愛しみに通じるのだわ

愛しい子どもを奪われてはツライよね? そのことに静子さまもお気づきになったの

愛しい子どもは未来へ送り届けなくてはならないの..それには子どもの独り立ちが必要よね

どうしたらいい?子どもはどう生きたら好いの?子どもが迷っては..親は不幸よ

まもなく.亡くなられたけれど..「きさ様」の想いは静子さまにしっかり届いてたのね

静子さまはお借りしてたお屋敷を整理なさって..立派に生きぬくためにお旅立ちになったわ

善く生きることは愛だと思うの✿親は子を愛して生きる✿子は親が生きたように生きる

静子さまも子が迷わないようにしっかり手を握ってあげて…きっと「きさ様」を真似たのね!
.
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://purrrr.blog17.fc2.com/tb.php/58-1eed3b27
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

FC2カウンター

ブログ内検索

けさらんぱさらんの詩

最近の記事

abcd-チャーちゃん

FC2Blog Ranking

ブロとも

短所も長所も仲良しなの

■ ブログ名:ako魔女のたわ言

あぶく姫のプロフ

あぶく姫の写真集

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。